子育てしながらの働き方には、いろいろあります

今や、半数以上が共働き世帯

総務省の調査によると、働きながら子育てをしている世帯の比率は半数を超しているそうですが、多くの女性が子育てと仕事の両立に悩んでいるようです。共働き世帯の場合、女性が出産を経て、子育てのためにいったん、仕事を離れることが多いのはやむを得ませんが、どのタイミングで、またどのように仕事に復帰するか、という点でいろいろなパターンが見られます。出産前、正社員として働いていて、出産、育児休業の場合は、規定の育児休暇後、職場に復帰するということが可能でしょう。

ベストは正社員ですが、子育ても大事

正社員として復帰する場合、どうしても、仕事に対する責任の大きさから、残業や休日出勤、また出張や転勤ということも考えられます。もちろん、会社によっては、育児中の女性従業員に対して、ある程度の優遇措置を設けているところもあるかもしれませんが、それらは一部の公官庁や大企業にとどまり、中小企業を含む、日本全体の傾向とまではいえません。正社員での復帰が難しいとなると、次は、アルバイト、パート、あるいは内職といったオプションを選ぶことになります。

子供の成長に合わせて柔軟に変えることも必要

生まれたばかりの赤ちゃんの場合、しばらくはかかりっきりになることが必要ですが、成長に伴い、少しずつ子育てのスタイルも変化していくのではないでしょうか?そして、その変化に合わせて仕事の仕方を変えていくことも考えられるでしょう。内職やパート、そして正社員としての可能性など、仕事を選ぶとき、自分のキャリアや希望を考慮すると同時に、子育てとの両立、という面からも考える必要あります。周囲の環境と子供の成長の両方を見ながら、柔軟に働くスタイルを考えてみてはいかがでしょうか?

シングルマザーの仕事探しは、母子家庭である事に最初から理解を示している勤務先がおすすめです。シングルマザー・母子家庭応援と書いている所や、在宅で出来るデータ入力や内職関係も検索してみましょう。

子育てしながらの働き方には、いろいろあります