保育士になりたい!と思ったら、まずは押さえておきたい保育士の基本

保育士って保育園の先生も幼稚園の先生もできる?

男性が結婚したい女性の職業ランキングで、常に上位に名を連ねる保育園や幼稚園の先生ですが、さまざまな子供の面倒を見ることを仕事としているため、いいお母さんになってくれそうというイメージや、甘えても優しく接してくれそうとの理由から、男性から人気の職業となっています。そのような保育園の先生と幼稚園の先生について、実は、意外と知られていないのが、保育園と幼稚園の違いです。管轄している省庁や法令が異なる上、入園する子供の年齢は、保育園では0歳時から、幼稚園では満3歳からとなっています。さらに、定められている保育日数や時間、先生の勤務時間や勤務体制が異なっていたり、子供の人数に対する先生の数の基準も異なっているほか、先生になるための資格については、保育園の先生になるための資格が保育士、幼稚園の先生になることができるのが幼稚園教諭免許という違いもあります。言われてみればというところはありますが、現在、女性の社会進出や保育園不足、待機児童問題により、幼保一元化という構想も出されていますので、保育士を検討中の方はその違いをしっかりと押さえておくとよいでしょう。

実際に保育士ってどんなことをする仕事?

保育士の仕事は、一言で言うと、生活指導です。幼稚園では、生活指導のみならず、成長を目指した教育も始まります。とはいえ、0歳時から入園している実際の現場では、生活指導というよりも、生活における子供たちの身の回りのお世話をすることが多いというところも多くあり、具体的には、食事やおトイレ、お昼寝などの睡眠をはじめとした生活のお世話をすることが多いようです。また、ご家族からお預かりしている大切な子供たちですので、病気や怪我の管理や保護書への報告も必要とされます。さらに、そのようなお世話をしながら、遊びを通して社会性を身に付けさせたりもするなど、まさに、いいお母さん、いいお父さんになる十分な素質を身に付けてしまう可能性の高い仕事なのです。

保育士ってどうすればなれる?

保育園の先生は、子供や保護者など、まさに人と向き合う仕事ですので、精神的に大変なこともそれなりにありますが、一番成長が著しく目に見える年齢の子供たちと接することができる貴重な職業ですので、子供が好きな人にはとてもやりがいのある魅力的な仕事ですよね。そのようなやりがいのある保育園の先生になりたいと思ったら、二つの方法で目指すことが可能です。一つ目が、保育士資格取得の授業課程を設けている大学、短期大学、専門学校などへ通い、課程を修了することで資格を取得する方法、もう一つが国家試験に合格して免許を取得する方法です。それぞれ費用や、費やす時間などにおいて長所も短所もありますので、自分の生活スタイルに合った方法で、資格の取得を目指すとよいでしょう。

保育士の求人を東京で探しているならば、求人サイトを閲覧して、所在地や労働条件を限定して検索すれば、すぐに見つかります。

保育士になりたい!と思ったら、まずは押さえておきたい保育士の基本