転職するなら在職中に良い職場を探しましょう!

転職したい理由を考えること

念願の会社に入社して、それなりに頑張っていても、ふと転職を考える方も多いと思います。原因は人それぞれの理由があると思いますが、自分に適した仕事内容ではないと思ったり、もっと給料が沢山欲しいと思ったり、人間関係があまり良くない、と感じることもありますよね。せっかく入社した会社を辞めてしまうことは、本当に勿体ないと思います。色々とよく考えて、それでも転職したいと考えるなら、会社にいる間に転職先を探しましょう。

在職中に転職先を決めよう

転職しようと心に決めたなら、在職中に良い転職先を探すことをお勧めします。退職してしまってからの場合、このご時世ですから、仕事がなかなか決まらないということも考えられます。十分な貯金を蓄えておくことが大切ですが、当面の生活費に困らない為にも、特別な事情がなければ、在職中に転職活動をした方が賢い方法です。退職してしまってから、ブランク期間が長いと、それだけで転職活動が不利になってしまう可能性もあります。

退職願は3か月前に提出しよう

転職先が決まった場合、現在の職場には、3か月前には退職願を提出しましょう。突然退職されたら、会社に迷惑がかかりますし、新人への引継ぎ期間などを考えれば、3か月から半年前が常識的です。すぐに退職したい場合もあると思いますが、お世話になった方へ迷惑をかけない為に、引継ぎはしっかりと行いましょう。退職日には、上司や同僚にきちんと挨拶を行い、お菓子などを配ることで、円満に退職をすることができます。きちんと退職をした後は、気持ち良く、新しい職場で働くことができます。

営業の転職サイトには全国の求人情報が載っていますので、希望の所在地や給与をチェックしながら、大いに活用しましょう。

転職するなら在職中に良い職場を探しましょう!