保育園で働きたいなら、まず保育士免許が必要!

保育士免許の取り方も色々!

「子どもと遊ぶのが大好きだから」「自分自身の子育ての経験を生かしたい」など理由は人によって違うと思いますが、保育園での仕事に興味がある人もいるのではないでしょうか。保育園での保育士の主な仕事は子でもたちに歌やダンスを教えたり、運動会や発表会の準備など様々ですが、2003年に児童福祉法が一部改正された事により、保育園で働くには保育士免許が必要となりました。では、実際に保育士免許を取得するにはどうすればいいのでしょうか?

保育士養成校を卒業する!

保育士免許を取得するには2つの方法があって、まず一つ目は厚生労働省が指定している保育士養成校を卒業する方法です。養成校の種類には4年生大学、短期大学、専門学校などがあります。また通信制や夜間制の大学でも必要な過程を修了すれば、保育士免許は手に入れる事は可能です。卒業すれば自動的に免許が取得できますので、早い段階から保育士になると決めているのであれば保育士養成校に進学した方が確実だと言えるでしょう。

保育士試験に合格する!

保育士養成校を卒業する方法以外では、保育士試験を受験し合格する方法もあります。現在仕事や子育てをしていて、学校に通う時間が中々取れない人も保育士試験に合格すれば免許を取得する事が可能です。また必要なのは受験費用だけなので、養成校に通うよりも費用も抑えられます。しかし保育士試験の毎年の合格率は10%程度となっており、やはり合格するのは簡単とは言えません。「保育士養成校」「保育士試験」どちらにもメリット・デメリットがあると思いますが、保育士を目指すなら自分に合った方法を検討してみては?

保育士の勤務先として保育園と入所施設に大きく分けられます。施設の保育士の求人を見る時は勤務体制をよく確認してから応募する必要があります。というもの、施設では断続勤務と言って、子ども達が学校に行っている日中に保育士を勤務から外すことで8時間労働を保障するという勤務体制があります。この勤務をとっている施設では丸1日休みという日が少ないので、自らのライフスタイルに合わないと感じる人もいるからです。

保育園で働きたいなら、まず保育士免許が必要!