体験談からの「こんな美容師さん、ちょっとなぁ・・・」

口動かず前に手を動かせ!!

美容室での時間は内容によってはかなりの長時間になるゆえ、その時間が落ち着かない環境だと・・・せっかく綺麗にしてもらうために行ってもげんなりして帰ってくることに。その中でも一番「あるあるぅ~」の声が聞こえそうなのが、やたら話してくる美容師さん、ではないでしょうか?こちらの空気感を完全お構いなしであれこれ「詮索してくる」バージョン、逆に誰もあなたのプライベートに踏み入るつもりはないのですが・・・の「聞いて聞いて」バージョン。正直どっちもウザいです。

もしやあなた・・・雑?!

時にちらほらいるのが、妙にどの工程においても雑な美容師さん。それが新人さんだから、などの理由であれば「まぁしゃーないな、頑張れ!」となりますが、明らかに中堅どころの風貌であるのにカーラー巻く時やたらと髪の毛引っ張られたり、パーマ液ボッタボタ落ちてきたり、シャンプー台で顔びっちゃびちゃ・・・などなど。ちなみに私はどれも経験あります(笑)今までクレームついたこと、ないのかなぁ、それとも私の心が狭いのか?一般的な意見はどちらに軍配??

商品をやたらに売りつけようとする・・・いらんてば。

お店で使われているシャンプーやらなんやらかんやら、オススメしてくる分には、問題ないのですが、こちらがまったく話にヒートアップしてこないのに「これでもか!」とオススメ商品を推してくる美容師さん、たまに見かけますよね?「このシャンプーの効能が・・・このヘアオイルは髪のうるおいを・・・」と、色々教えてくれるのは大変ありがたいのですが、こちらが「え!そうなの!それなら!!」と言う声を出したならまだしも「ふぅ~ん、そうですかぁ」でおしまいにしようとしている時にはそうっとしておいてほしいものですよね。やはり客商売、一番大切なことはお客さんの出す空気感を早い段階で汲み取ることが出来る技量ではないでしょうか?

美容師のイメージというと、おしゃれであり笑顔で対応してくれる接客上手な人が思い浮かびます。昔から人と接するのが好きであるというひとにピッタリなのが美容師の求人だと言えるでしょう。お客様をきれいにすることに一生懸命になれる人が向いています。

体験談からの「こんな美容師さん、ちょっとなぁ・・・」