転職するなら在職中に良い職場を探しましょう!

転職したい理由を考えること

念願の会社に入社して、それなりに頑張っていても、ふと転職を考える方も多いと思います。原因は人それぞれの理由があると思いますが、自分に適した仕事内容ではないと思ったり、もっと給料が沢山欲しいと思ったり、人間関係があまり良くない、と感じることもありますよね。せっかく入社した会社を辞めてしまうことは、本当に勿体ないと思います。色々とよく考えて、それでも転職したいと考えるなら、会社にいる間に転職先を探しましょう。

在職中に転職先を決めよう

転職しようと心に決めたなら、在職中に良い転職先を探すことをお勧めします。退職してしまってからの場合、このご時世ですから、仕事がなかなか決まらないということも考えられます。十分な貯金を蓄えておくことが大切ですが、当面の生活費に困らない為にも、特別な事情がなければ、在職中に転職活動をした方が賢い方法です。退職してしまってから、ブランク期間が長いと、それだけで転職活動が不利になってしまう可能性もあります。

退職願は3か月前に提出しよう

転職先が決まった場合、現在の職場には、3か月前には退職願を提出しましょう。突然退職されたら、会社に迷惑がかかりますし、新人への引継ぎ期間などを考えれば、3か月から半年前が常識的です。すぐに退職したい場合もあると思いますが、お世話になった方へ迷惑をかけない為に、引継ぎはしっかりと行いましょう。退職日には、上司や同僚にきちんと挨拶を行い、お菓子などを配ることで、円満に退職をすることができます。きちんと退職をした後は、気持ち良く、新しい職場で働くことができます。

営業の転職サイトには全国の求人情報が載っていますので、希望の所在地や給与をチェックしながら、大いに活用しましょう。

転職するなら在職中に良い職場を探しましょう!

今、工場バイトが熱い!~若い世代に選ばれる理由

きつい!汚い!は昔の話

工場でのアルバイトと言えば、キツくて、汚い職場で長い間働かなくてはならないと思い込んでしまっている人も多いのではないでしょうか?いわゆる3K労働と呼ばれる「きつい」「汚い」「危険」という言葉が、工場でのアルバイトには付きまとっていたのは事実です。しかし、そんな環境では人手が集まらないため、少しづつ労働環境も改善されてきていて、今ではすっかり様変わりしていることはあまり知られていません。若い世代の間では、工場で働くことが見直されてきています。

コスパ抜群の時給と給料

工場でのアルバイトの最大の魅力は、何と言っても、その時給の高さです。他の職種のアルバイトの時給と比較しても、工場の条件の良さが際立っています。仕事の内容は単純作業が多く、集中力を長時間保って働かなくてはならないため、それなりにたいへんです。でも、短い時間でも一月の給料はまとまった額になるため、やり甲斐はあります。唯でさえ高い時給に加えて、残業をすると更に二割五分以上の割増賃金がもらえるのですから堪りません。

煩わしい人間関係とも無縁の世界

工場での勤務は、基本的に自分の担当する業務だけをやっていればそれでOKで、職場での人間関係が希薄なのも特徴となっています。仕事をしていてストレスを感じる原因のナンバーワンは、職場での人間関係だと言われています。工場で働くと、通常の職場で感じるような人間関係のストレスを感じることはほとんどないでしょう。気楽に働ける環境も、若い人たちに支持されている理由です。人間関係に疲れた人には、ピッタリの職場だと言われているのも納得です。

住み込みの求人の利点としては交通費が必要無くなる点です。また、移動の時間も短縮出来るので時間を有効に使う事が出来ます。

今、工場バイトが熱い!~若い世代に選ばれる理由